脂漏性皮膚炎の薬.com

悩ましい脂漏性皮膚炎は海外の薬で治します!

脂漏性皮膚炎は、頭皮や顏に湿疹を伴ってフケのような白いものが出る症状です。

 

脂漏性皮膚炎ができるのは、皮膚を不潔にしているからではなく、その原因はストレスや様々な疾患など多岐にわたっているみたいで、真菌によって分解されてできる脂肪酸が皮膚を刺激してできるものみたいですね。

 

乾燥した冬には肌を守ろうと皮脂が過剰分泌されるのも大きな原因のひとつなんですよね。

 

女性の場合は化粧品の使用によって皮膚が敏感になり真菌に侵されやすくなっていることも原因のひとつと考えられます。。

 

敏感肌でお風呂上りに白い粉を吹くような肌質の人は、この脂漏性皮膚炎になりやすいようですね。

 

眉毛の間から鼻や口の周りに出る人が多いと思いますが、根本的な治療はできないようで外用薬で抑える方法が用いられています。

 

私も脂漏性皮膚炎に悩まされていた一人ですが、病院やクリニックに行ってもステロイド薬や抗真菌薬を処方してくれるだけでした。

 

そんなとき、海外の薬が個人輸入代行で安く手に入ると知り、今では脂漏性皮膚炎に効果があるとされる薬を通販で買って使用しています。

 

塗り薬やシャンプーのほか錠剤もありますよ。

 

錠剤 クリーム シャンプー


ニナゾール


ニゾラルクリーム


ニゾラルシャンプー

 

その他にまだまだあります。
「脂漏性皮膚炎」とか、「脂漏性」で検索してみてください。

 

 

脂漏性皮膚炎は痒みをいかに抑えるかがポイント

脂漏性皮膚炎の頭皮をもつ男性

頭皮がヒリつく様に痒い脂漏性皮膚炎、少し頭を動かしただけでもフケの様な大量の皮膚片がハラハラと落ちてきます。

 

黒い服など着た日には、それが気になって仕方の無いものです。

 

常に頭が痒いので頭皮を触らずにはいられませんが、それが更に悪循環となって頭皮が余計に荒れてしまうのです。
頭皮をよく見ると痒い所が真っ赤になっており、この赤い部分の痒みを取り除く事でこの悪循環を断ち切る事が出来ます。

 

病院の皮膚科などに行って薬を貰って来るのも一つの手段ではあります。私もまず最初に取った行動は皮膚科へ行く事でステロイド系の塗り薬やシャンプーに混ぜて使う薬など処方してもらいました。

 

薬を塗った時はピタリと症状が治まるのですが、一日もするとまた痒みが現れてという繰り返しでした。

 

寝不足や食生活の見直しというのが前提ですが、私の場合一番効果があったのは市販の脂漏性皮膚炎などに対応しているシャンプーでした。

 

少々値段はしますが、シャンプーをした初日から痒みや突っ張り感が消えて、頭皮を触る事も無くなりすっかり治りました。

 

個人差はあると思いますが、まず国産の脂漏性皮膚炎に効くシャンプーを試す事をお勧めしたいです。


脂漏性皮膚炎の症状を抑えるために取り組んでいること

脂漏性皮膚炎の肌の女性

私の脂漏性皮膚炎の症状としては、頭皮の痒みと顔の赤みがあります。

 

頭皮に関しては洗髪しても痒みはほとんど治まらず、結局掻いてしまい、皮膚が剥がれ落ちてしまうという症状となっています。

 

また顔の赤みに関しては、頭皮よりも痒いわけではないのですが、それでも痒みがありますし、赤みは体調によって変化するため、酷い時はかなり顔が赤くなっています。

 

そこで脂漏性皮膚炎の症状を抑えるために取り組んでいることは、脂漏性皮膚炎の原因となっているカビの増殖を抑えるシャンプーやボディーソープを利用することです。

 

どちらもドラッグストアで発見しました。

 

シャンプーについては頭髪と頭皮を洗いますが、ボディーソープは顔を洗っても良いので、顔の症状についても活用するようにしています。

 

これらのアイテムを使用することで、大分症状は落ち着くようになります。

 

ただしカビの増殖を抑えるシャンプーやボディーソープは、頻繁に使用すると耐性が付いてしまうので、週に2回か3回程度の使用に控えています。